Bach(バッチ)フラワーレメディ

Bach(バッチ)フラワーレメディ

バッチフラワーレメディとは

バッチフラワーレメディは、お花を原料に用いたエッセンスを飲むことにより、ストレスやマイナス感情を和らげる製品です。1936年にイギリスの医師であり、細菌学者、病理学者でもあった、エドワード・バッチ博士により開発されました。
バッチ博士は、さまざまな不調の原因はマイナス感情と関係があることに気付き、そして、長年の研究の結果、人間の持つ感情や性格のパターンを38種類に分類し、それぞれの感情を癒す38種類のお花を苦心の末、次々に発見していきました。

開発から70年以上経った現在、製品は、バッチ博士が開発をした場所である、イギリスのバッチセンター周辺の草花により母液が製造され、150年以上の歴史があるイギリスのネルソン社でボトリングされています。
60カ国以上で年間800万本以上(10mlボトル換算、レスキューシリーズ含)販売されています。日本では約15年前より販売され、現在全国で700店以上のお店で販売されています。

バッチ博士のオリジナルであるバッチフラワーレメディには、バッチ博士のサインと花のロゴがついています。このロゴがついているレメディのみがバッチ博士の時代からの歴史を持つバッチフラワーレメディとして認められ、品質が保証されているものです。

バッチ博士とバッチフラワーセンター

小さなお子さまからご高齢の方、
動物や植物にもご使用いただけます

「バッチフラワーレメディ」は心や感情のバランスを保つことが身体の健康へも繋がると考えたバッチ博士が発見したシステムです。 お花の持つエネルギーが感情に働きかけ、身体的な症状が現れる前にバランスを取り戻す助けになります。
他の療法と併用することもでき、小さなお子様からご高齢の方はもちろん、動物や植物にもご使用いただけます。

image

レスキューレメディ

バッチフラワーレメディでは一番使われているレメディで、次にあげる5種類のレメディを混合して1つしたものです。

チェリープラム
コントロールを失ってしまいそうなとき、自制心を呼び戻す
クレマチス
気を失ったり、意識が遠のいたりするときに
インパチェンス
イライラしたり焦ったりするときに興奮を和らげて落ち着く
ロックローズ
極度の恐怖や恐れに陥ったときに
スターオブベツレヘム
ショックやトラウマからの解放に

使い方

  • パニックに陥ったとき、事故などで意識を失ったときなど、緊急時には原液を口に垂らしたり、手に取って耳の内側、肉球に塗りつけてもよいでしょう。
  • 興奮しやすい動物や、音や雷に対して過剰に反応する動物にはトリートメントボトルに4滴滴下して、ボトルの肩までミネラルウォーターを入れて希釈した物を1回4滴、1日4回、飲み水や食餌に混ぜて与えます。
  • また、スプレーボトルに希釈して空間にスプレーしてもよいでしょう。

雷恐怖症の場合は、レスキューレメディに加えて、ミムラス(原因がわかっている恐れ)、アスペン(原因がはっきりしない恐れ、予期不安)、ウォルナット(環境の変化に)の調合がよいでしょう。分離不安症にはレッドチェストナット(愛する者への過度の心配)、またはチコリー(愛を求める)を加えるとよいでしょう。

image

Bach(バッチ)

カテゴリから探す

カテゴリから探す